これが学校!?バリ島にあるすべてが竹で作られた「グリーンスクール」

これが学校!?バリ島にあるすべてが竹で作られた「グリーンスクール」

ALOHA~♪ワヤンダイスケです!!

こんな建造物見たことがありませんか?

ひと際目を引くデザイン。優雅な曲線で作り上げられた建造物。

すべての素材が竹でできているんです。

バリ島でもよく目にするようになったバンブーハウス。レストランやビーチクラブ、オシャレスポットでよく目にするようになりましたね!

すべてを自給自足で賄う「エコビレッジ」


http://ibuku.com/projects/
ウブドとクタのちょうど中間あたりに位置するエコビレッジ。グリーンヴィレッジ(Green village)

 

 地図で見るとここら辺。 僕はあまり行ったことが無い地区

このグリーンビレッジは名前の通り「会社」「学校」「図書館」「食堂」「寄宿舎」「ゲストハウス」からなる一つの村。

竹やバリの伝統的な泥壁などで建てられ、さらに水力、バイオディーゼルなど、再生可能なエネルギーで自給自足をしているとのこと。

敷地内では米、野菜、果物からサトウキビ、チョコレートまで栽培されており、魚や家畜も飼育されている。

 

 

 

Portfolio_Green-Camp_1-818x545

注目するのはこの子供達。

彼らはここにある学校の生徒たちなのだ。

今、世界中から注目されている学校がここにある。

 

GREEN SCHOOL

Portfolio_Furniture_Classroom-Cubby-02-818x545

グリーンスクールとはバリ島でジュエリービジネスを大成功させたカナダ人のジョン・ハーディが『接続可能な社会を担う、次世代のリーダーを育てる学校』として設立したインターナショナルスクール。2008年に約90人の生徒数で始まり、今や生徒数は400名を越えて、さらに世界各地から入学希望者が後を絶たない程。(2015年2月の時点)(http://furuyasatoru.com/greenvillage/

 

授業は基本的に英語で行われる。

 

そして正式な学位となるインターナショナル・バカロレアの基準を満たしているため、世界中の高校・大学への進学できるという。

 

 

15203257_1282176828469876_6042672757857799198_n

竹のみでこれだけの建造物を作れること自体も驚きなのだが、このデザインの素敵さに驚く。

 

15826912_1330534510300774_6136021214124685683_n

実は周りはほぼジャングル。まさに大自然。

 

14753432_1248567461830813_4672042044296354563_o

ジャングルに突然これはもはやジブリレベルの世界。

 

Portfolio_Furniture_Yin-Yang-Sofa-03-818x543

嘘でしょ。すごすぎないですか??

 

 

Portfolio_Furniture_Crescent-Hammock--818x545

D7H33522

ジュエリービジネスで成功した大富豪なだけありデザインのセンスが半端ない。

竹がこんなにセクシーに仕上がります♪

 

 

こだわりは建物の素材だけじゃない。

credit-gs_hydropower-542x361

調べれば調べるほど驚かされることばかり。

教室やオフィスなどの主要電力は牛と人間の糞尿を使ったバイオガシステムによってまかなっており、お湯や調理をするためのガスのかわりに、竹を加工した際に廃材となるチップを利用しているとのこと。

そしてこの写真の水力発電は渦巻式マイクロ水力発電というらしく、現在はまだ準備中の段階だそうですが本格稼働が始まればキャンパス全体の電力量を賄えるほどの発電量になるという。

 

グリーンビレッジの広さは10万㎡。約東京ドーム2個分。

を作り上げたのです。

ここまでの大きさの規模のエコビレッジ。どのように作り上げたのか想像もつきません。

竹のみを使い。。。壁のない教室。。。大自然の中で身に着ける人間力。。。自給自足で生きれるサバイバリビティ。。。地球にやさしく生きるシステム。。。

awesome…(*_*;

 

 

世界に注目される神秘の素材「竹」

int_006-Medium

 

  1. 竹は、生長が早く簡単に栽培できる。熱帯のバリ島では、3~5年で25m~35mほどに成長し、建材として利用できる
  2. 同じ重さの鉄や鉛よりも強度がある
  3. 弾力性、耐久性に優れ、日本の原爆投下後、最初に蘇生した植物と言われている、
  4. 抗菌作用があり、悪臭防止になる
  5. コットンと比べて倍の吸水性がある
  6. アジアでは、竹は神秘的な植物として考えられている
  7. 窒素固定能力により、土壌の肥沃度を増進させ、排水の浄化も行う
  8. 繊維、紙、燃料としてもつかえ、余すところなく活用できる

http://one-project.biz/2013/01/05/bali-bamboo-architecture.html

 

日本でもなじみの深い竹。アジアでは神秘的な植物として考えられているのだ。

かぐや姫は竹から生まれる。鹿威し。料理にも使われますね。

この竹の強くてしなやかな素材が見事な曲線を生み出すことが出来るのだろう。

 

バリで竹を足場に使ったりしているのは見てハラハラしますが・・・♪

 

 

ここでの経験をした子供達はどんな大人に育つのだろう・・・

int_011-Medium

 

これだけの規模の学校なだけありやはり学費も安くはない。それでも世界中から入学希望者が後を絶たないほど。

これだけの建物は子供といわず大人が行っても感動するに違いない。

いや。むしろ僕もこの学校へ通ってみたい。

どんな授業なんだろう。。。どんな教育なんだろう。

この学校の先生ってどんな人が選ばれるんでしょうね♪

学校の模様はこちら

 

 

ここでの体験はかけがえのない経験になるのでは・・・。

gv-common-area-MM_011814_036-copy

 

学校に通わせることは難しいとしても短期間のサマースクールも行われているそうです。

サマースクールはこちら

http://one-project.biz/2013/01/05/bali-bamboo-architecture.html

宿泊施設もあるので家族で訪れることが可能。

ここの主役の竹。この竹を加工している竹工房・そして学校「グリーンスクール」見学ツアーも行われています。

 

 

 

人間にも・地球にもやさしいシステム。

自然と共に生きる動物のなかに人間も入らなくてはいけないんだ。

NATURALHAPPYPEACEな世界にするために。

 

 

・Green Village – Honestly WTF
【URL:http://honestlywtf.com/home/green-village/】

・Green Village
【URL:http://greenvillagebali.com】

・Ibuku
【URL:http://ibuku.com】

・Building with Bamboo – indesignlive.asia
【URL:http://www.indesignlive.asia/articles/people/Building-with-Bamboo】

 

 

 


関連記事